きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

夢から醒めたら

好きな人とお祭りに行って、手も繋げなかったと嘆いている

ただただわたしの片恋慕 すきすきすきすきそうやって言って相手にされなくとも好きって言ってれば振り向いてもらえるとか思っていて、それはだいたいあほみたいな甘えでしかないこと、よーくよーく知っているはず なのだけど、それでもしあわせになりたくてずっと追いかけてしまうじゃんね?

やさしい世界になってほしいから路上喫煙してる人がいたらめっちゃ目つき悪くして目を合わせていくし、けむが他の人に流れたら謝るけど、それもただの自己満である。

やさしくしたら、尽くしたら、何か見返りがあると思っている。

チラシづくり、思ったとおりに通らなくて、最終稿はすごいダサい。わたしのセンスとか個性とか全部すり潰されるんだろか

 

普通ってなんですか 

 

あなたに似合う恋をして

 

と歌ったボカロp、あなたは好きな人といられてしあわせだったでしょうか。恋というもの、普通のさじ加減がわからない。個々人のものでいいんだよね?

しあわせは普通?普通じゃなかったらしあわせではないの?答えはでているのである。

 

普通にしたら普通のしあわせが手に入るのだとしても、わたしは変われない、そうだよな

 

救いがほしい、一発逆転できるようなそんなそういう甘い考え、自分で行動をしてからでなければいけないのではとおもい、知ってる範囲のマナー頑張って気にしているはずだけど、一向に世界はやさしくしてくれない、それは違うよね。わたしが壁を作ってしあわせを遠ざけているだけだろう。

 

薄い膜みたいな壁、それに苦しむならわたしはわたしでなくなればいいのではと思うようになった、はずなのに、最近はツイッターのにぃきるになにもかも舵をとられている。

 

民選民選民と、大学入りたての頃は思っていたわけだ。素のわたしを認めてくれる人なら多分きっとぼくはそのひとのまえでならふつうにいきられるでしょ

 

献身的人間は優しい人間になれない

誰かのための僕のうそも嘘には変わりないからという歌詞にやたら刺されている。

 

ぼろぼろ泣きながらわたっらときから大体わたしバグっている。泣こうとするとははっと笑ってしまう ヘラヘラ波風立てずに生きればいいのに うまく生きろと言う話である。

 

暖色の電球の明かり、我が家は昔からこの明かりで、団地の5階の私のおうちは一発で判別できた。妹の気配感じながらニコ動のおすすめ曲垂れ流してマイリスして、全然身の入らない勉強をしていた あの頃 すきな子と同じ高校にいけないと言われたとき、すぐに諦めたこと、あそこで勉強してればメンヘラなんてやらずに済んだだろ ただこれは終わったことなのよ

 

そうなのだいたいもう決まっている、わたしアナウンサーになれない、君も色々してきたくせに どうやっていきをするのがせいかいだったかおしえて

 

人格形成の時期になんかお口処女喪失したとか言う事実を思い出してああわたしはほかのことは違うんだと思った疎外感、だから異物挿入で処女切ってもあー、痛いなくらいしか思わなかったの 一番は好きな人にあげたかった とか、もうわたしそんなこといえないのですわ

 

ここまで読んでくれた人はありがとう 

ひなた、多分普通になりたかった

普通じゃないことに気づいてしまったからもういいやっておもったの ねえもう飽きてきたし眠いよ寝ようか

 

ダイヤの空から落ちてみたいの まだまだわたしはとらわれたまま

 

おやすみ おやすみ おやすみ おやすみ…おはよう

 

一生目覚めたくない ですね