きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

記録

わたしのあたまだけが無限に色ボケしているんじゃないかと思う今日このごろ、皆さんいかがお過ごしですか?

本当は誰もわたしなどに興味などなくってって世界、いいけど、そんなふうに捉えれるほどわたくし感覚を麻痺させられない、むしろ日々鋭くなっていってわたしこのままでは誰のどの言葉でも傷ついて再起不能で痴呆みたいになってしまうかもしれん。そうやって考えていや、ほんとにお前はアスペかなにか入ってるんじゃないの?ひとの気持ちを考えられる人になれってずっと昔から言い聞かされてきてわたし結局なにも変わってないだろ、さっさと失せろこのやろーっつって父上によればネット上に形成されたひなちゃんがいるらしいんですけど、たぶんそれが話をしてる。いやね、普通に統失かなにかでしょうか。躁鬱の波、ちょっときわどいみたいで幻聴とかでもなく普通に考えていることが全て自分じゃない自分の話してることみたいに聞こえてる気がする、のだが、ここまでかいてみるとこれはすべてわたしが頭の中で組み立てた設定みたいに思えてきて、本当のわたしはどこにいるんだろうと思い始める。いや、ここにいますわっつって、冷静になる。ねえ、どっちがただしいひなちゃんですか?なにかふわふわ抜け出してわたしの成分が炭酸の抜けたジュースみたいになる気がしてる。と書いてみるもののこれもずいぶん物語みたいになっていて、わたしどこまでも悲劇のヒロインでいることが好きなのかな。自分を主人公にした物語ほど厳しいものはないですよ。境界線がわからなくなっている。二階堂奥歯はこんな気持ちだったのかしら。

他人のせいにするようで悪いけれど、父上にひなちゃんはもうネット上になにか人格形成してる、危ないからツイッターやめろって言われたあたりで自覚してしまっているのではないでしょうか。ひなちゃんとよんでたわけだが、これ、おきちの妄想ではないか。

そこまで自覚できたなら、治せるよと、答えを浮かべたのですがこれも無理無理ってなって完璧にいま、わたし分裂してる?

よいからさめてもまだゆめのなかみたいで現実がほしい 実体を感じたいからわたしは腕切ってたよね。もうしないから。

ひさびさにきつくなってしまった

ワイパなかなかきいてくれてよかった。