きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

備忘録 チャイをいれる

ちゃちゃをいれるって日本語があった気がする。ただググりはしない。小林銅蟲氏のブログに影響されて備忘録的にわたしが唯一誇れるものの作り方をメモりたい。

チャイティーすごく好きなんですが、カフェで飲むと高いし、スタバなどというもの、この田舎にはありません。最近午後ティーのチャイを飲んだがあれでは薄い気がするということで自分好みに作っておる。

ただこれを書いているのがチャイティーいれた後で工程の写真などが一切ないことを先に断っておきたい。

まず、スーパーのスパイス売り場を物色し、

f:id:kinoconyokiruyo:20170117134306j:plainジンジャー、シナモン、カルダモン。シナモンシュガーの容器だけど、実際シナモンパウダーが入っておる。

f:id:kinoconyokiruyo:20170117134340j:plain

母上がトーストに振って食べる。わたしはニッキ飴が食べれない。からいもの。

あと紅茶を手に入れる。

ミルクティー向きって言われてるのがいいらしい。わたしはダージリンが好き。リプトンの三角のやつは好まぬ。アッサムとかオススメされているのを見た。

片手鍋にお湯をわかす。マグカップ六杯ほどの水。

火を止め、紅茶をいれる。3個くらいのティーバック(どうでもいいけどティーバックなのかティーバッグなのか未だに知らない。卑猥なショーツはどちらなのか)

シナモンカルダモンジンジャーをお皿に若干山になるくらいとる。

直入れするとしけるらしい。よく考えれば自明だった。量は気分で。経験で。多分各スパイス小さじ1くらいをベースにカルダモンが多めで次にシナモン、ジンジャーくらいの量の配分だと思う。自分でも言ってることが伝わるとは思っていません。

鍋に入れる。蓋をする。

紅茶のパッケージに書いてある時間の半分くらい蒸らす。

ぎうにう(牛乳)を満足するまで入れる。わたしはスタバのチャイをオールミルクにするくらいにはミルク分多いのが好き。

一回煮立たせる。スパイス入れたあと煮込みすぎると香りが飛ぶ気がする。

火を止める。

漉す。茶こしがないのであくとりの大きいのを使っていますが、1人だととても失敗します。

以上です。

砂糖を温かいうちにあほほどいれます。

適宜マグカップに注ぎ飲みます。

冷めてからはペットボトルなどにいれて飲むときにチンしています。

クックパッドとか見てもなんかいまいちピンとこなかったので抽象的に書きました。多分クックパッドを見た方がわかりやすい人の方がおおい。

ただ、クックパッドはなんか砕かれたりしてないタイプのスパイスを使っていたのでスパイス売り場のお揃い系スパイス突っ込んでおけば作れるという点で、ちょっと楽だと思われます。

本格的ではないけど満足できる程度のものにはなるかしら。

材料費も、カルダモンがひと瓶300円以上とかで高いのですが、カフェやらで一杯400円以上と考えれば多分元は取れる。とりあえず今五回ほど作ったけど、まだどのスパイスも瓶の半分も減っていないので。

今塾についたんですが、塾で飲むために作ったチャイを家に忘れました。