きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

今日ね、自殺しようとしたの。

今日ね、自殺しようとしたの。 昨日の夜サイレースレキソタンロナセンを飲んでから彼氏と通話したの。 親がわたしが寝込んでるのに普通に勉強しろ、普通に手伝いしろっていうのがいやでしにたくてたまらない話。彼が風俗で働かなきゃいけないようになってしまったことを憎む話。 一緒に死のうって言ったり。一緒に死なないなら別れよって言ったらしいの。記憶にないんだけど。 そしたら朝起きてみたらツイッターブロックされててね、昨日の夜から固めていた自殺計画(この街で1番高いところからの飛び降り)をさらに固めてしまった。ハードのワックス並みに固めてしまった。 普通に朝の準備をして、普通に朝の電車に乗って普通に駅について、それからみんなと違う方向に歩き出したの。 1番高いビルがあるところ。 って言っても12階建てくらいで階段で登れるのは3階まで。3階には関係者以外立ち入り禁止っていう柵があったんだけど、それは上の方が空いている不完全なもので人目を気にしなければ乗り越えられると下見済みだった。 でもわたしはそこに向かう途中で彼のSMSと保健室の先生のSMSにメッセージを書き込んでいた。彼からは連絡が帰ってこないけど保健室の先生からは連絡があって、やめなって言われた。それにすごすご従ってわたしは学校に着いた。担任の先生に保健室を開けてもらって保健室の先生が来るのを待った。保健室の先生は遅くから来る予定で9:30にならないとこなかった。 最初のうちはベットでずごずご泣いていたけれど、そのうちここにあるもので死のうと思い立って、まず試したのがセーラー服(うちの高校は未だにセーラー服なのだ)のスカーフで首を吊ること。パイプ椅子とカーテンレールがあったからそれで。 でも失敗。スカーフはするする滑って解けてしまうのだ。 で、次、sonyのイヤホン。 5000円くらいしたけど今手元にある紐はこれくらいでだから結んだ。体重をかければかけるほど締まる結び方。首にかけてパイプ椅子から足を離す。徐々に酸欠になっていくのがわかる。手足が湯あたりしたときみたいにガタガタとする。これは死ねる。と思った。 ぷちっ 無慈悲な音がした。イヤホンは切れてしまったのだ。まあ体重を支えるような作りはしてないわな。 というのが今日の一連のお話し。 これも保健室のベットで書いている。わたしは死なない。滅多に死ねないことがよくわかった。わたしは生きていかなきゃしょうがないのでベンゾジアゼピンメジャートランキライザーも用法用量を守って飲みます。 卒業するまでどころか、おばあちゃんになるまで死にたい死にたい言いながら生きてやるもんねっ! というのをメンヘラ.jpの読者投稿へ送ったら返事がなく、問い合わせたら、OKな人にだけ連絡を送っているらしいぞ!(後日明記してくださったようです。) メンヘラ.jpに寄稿したい皆さんはどうぞ判断基準の1つにしてくれたまへ。 で、今閉鎖病棟にいるんだけど、かなり気が休まらないの。いや、恋人となにがあったとかそういうのも含めてだけど。それには割とガチギレしたしまあ、あいにきてくれたしで許した。なかなか面白いのでまた書くかもね。てか明日からテスト。テストだけはしっかりでるつもりです。点数低いだろうけど。ふへー。やんなっちゃう。