読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

考え込みすぎるのだ

「手首の傷は、その人の奮闘した証なのだ」、と言われて、「そう!そうなのありがとう!」と言ってしまえたらどんなに楽か。
わたしは絶対そんな風に言うことはできない。こじれた性格だから、腕の傷はきれいごとでまとめられるようなことじゃないと思っているから。

私の腕はわりとちょっと友達にて見せられない。でっかい傷がぼちぼちあるわけではなくアザみたいになった跡があるから。まさに定規みたいな傷があるから。

自分でもばかだと思っている。なんでしてるのかはわからない。



完成ノートがおわんない焦りで何も手につかないはずだけどブログは書けている。つまりはあほ。そう、あほ。

デザインカッター握りしめてもいつもみたいに力を込められないのは、昨日が楽しかったから。すきなひとと一緒ってあんなに楽しいんだと思った。ベタ惚れすぎてマイナス50点。


「あんまり謝りすぎると言葉が軽くなってしまう」と言われたことがある。
それとおなじで、すきすき言いすぎたらそれも軽くなってしまうのだろうか。


メンヘラは往々にして考え込みすぎるのだ。だからひととの距離がわからない。
もう1つ原因をあげるとしたら一度以上痛い目を見て、ひとがこわいから。
別にみんながみんな危害加えるわけじゃないんだから、一歩踏みだせばいいのに。(心にもないこと言ったかもしれない)
心にもないってなんだろう。自分の口から出るなら一度は心を経由してるんじゃないだろうか。まあこれは屁理屈だけど。

あああー、つらい。

ねれないかもしれないっていう不安感がある。こわいの。浅い眠りで夢を見ることがこわいの。夢ばかり見ると現実がわからなくなる。昨日の晩御飯も、塗り替えられてしまう。
もしかしたら、大切な思い出も塗り替えられてしまうのかもしれない。こわい。こわい。


……大概メンがヘラっている。
ひとりの夕方がこわい。

今日こそ、夢を見ずにぐっすり眠れたらいいなあ。