きのこがにぃきる。

にょきるによる、メンヘラ風味なブログ。おてやわらかにどーぞ。

にょきるはたこうかんにつつまれている!


お酒入りチョコレイトを二種類半箱づつ空けました。デブ活ってやつだなあ。

で、いま、多幸感に包まれています。気を抜いたらふわっと寝落ちできそうなあたたかさです。しあわせ。生きやすい。

でも、食べ物でしあわせになれるなんて、なんて単純なんでしょう。
頭痛薬食べたりブロンでらりらりっぱっぱしてた人間の言葉とは思えませんねえ。

まあ、今日はそういう気分なのです。

こう、普通のものでしあわせを感じられるとき、普通の感覚ってのを手に入れられた気分になります。
たぶんメンヘラとかっていうのは、先天的であれ、後天的であれ、しあわせを感じる感覚みたいなのがずれているんだと思います。


f:id:kinoconyokiruyo:20151111202146j:image
わたしの高校は自然豊かすぎて猿が出るようなとこなんですが、いまの時期は紅葉がとてもきれいです。

春は傾斜が恐ろしい坂道の横に咲いた桜を見ながら登校。
夏は坂を登るので手一杯。
秋は紅葉。
冬は街の夜景とお星さまを見ることができます。同時には見れんけどな。

気分が向いていれば、きれいなものはいくらでも見つけられるんだと思います。

水たまりにうつる秋晴れの空、まっきいろのいちょう並木。澄んだ空気でとげとげしい赤信号の色、とか。
きらいな友だちのふとした笑顔のかわいさとか、ゴミ収集車の色のカラフルな事とか。

信号の色はせーしんが危ないときに見たら飛び出してしまいたくなる筆頭だったりするんですけどねー!!!

きれいなものをみれると嬉しいし、少し生きやすく感じませんかね。世界ってこんな風だったのかー!みたいな。

……これは…後で読み返して恥ずかしくなるなあ。
つらくないときはこれくらい余裕をもった文が書けるんですぜふふふ。

世の中にいるつらいって言ってる人がきれいなものも見れるようになったら、しにたみも少し減るんじゃなかろうか。

あー、落ち着いてると思考回路があまあまですねえ。

メンヘラ諸氏よ、ときどき外でもながめてみませんかー。

最後に、かいわさんがかけてくれた魔法みたいな言葉で終わりますわ。


少しでも楽に生きられますように。